ホームへ工法概要協会案内協会員名簿お問合せ
アルファフォースパイル工法技術協会
アルファフォースパイル工法技術協会

国土交通大臣認定工法を取得したアルファフォースパイル工法は
鋼管杭を回転貫入させて建物を支持する工法です。
一般住宅から高層ビルまで建築物の種類を問いません。

新着情報
  • 2010/07/01
    ホームページを開設しました。
多種多様な用途の支持ぐいとしてご利用ください
アルファフォースパイル工法の杭先端部 アルファフォースパイル工法は、新しい回転貫入鋼管杭です。性能評価工法。建築技術性能証明工法
  • 杭本体(鋼管)の先端に取り付けた拡底翼で高い支持力を得られます。
  • 杭本体を回転、螺旋状の拡底翼の推進力で支持層まで無排土で圧入します。
  • 弾性に優れ、移動時や施工時の破損が無く、設計本来の強度を発揮します。
  • JIS規格の鋼材(鋼管と先端拡底翼)を使用しています。
  • 腐食代を考慮して材料の厚さを選定するので、長期の健全性を確保できます。
  • 三次元解析(NASA製ソフト)と多数の室内及び室外載荷試験で強度を実証
ページのトップへ